<track id="1flhb"></track>

    <delect id="1flhb"></delect>
      <track id="1flhb"></track>
      <sub id="1flhb"><thead id="1flhb"><font id="1flhb"></font></thead></sub>
        <big id="1flhb"><th id="1flhb"><em id="1flhb"></em></th></big><address id="1flhb"></address>

        <pre id="1flhb"></pre>

        ナビゲーションへスキップ

        本文へスキップ

        商品情報

        衣類?収納空間ケア商品

        スタイルメイト

        スタイルメイト

        衣類の汗じみ防止ミスト

        衣類への汗の付着を防止し、気になるワキや背中などの汗じみを防ぎます。衣類の黄ばみ対策にも。消臭?除菌?抗菌成分配合。ランドリーローズの香り。(すべての菌に効果があるわけではありません。)

        希望小売価格 オープン
        内容量 145mL
        サイズ(mm)
        パッケージ(幅×高さ×奥行)
        115×230×36
        本体(幅×高さ×奥行)
        -
        JANコード 4902407124364
        <p>スタイルメイト</p><p>衣類の汗じみ防止ミスト</p>
        • 商品の特長
        • 商品の使い方

        商品の特長

        ●衣類への汗の付着を防止し、気になるワキや背中などの汗じみを防ぎます。
        ●汗の付着による衣類の黄ばみ対策にも。
        ●消臭?除菌?抗菌成分配合。(すべての菌に効果があるわけではありません。)
        ●やさしいランドリーローズの香り。(微香タイプ)
        汗じみ防止ミスト使用シーン
        汗じみ防止ミストはっ水


        【用途】
        衣類用汗じみ防止剤

        成分

        ●シリコーン系はっ水剤
        ●イソプロピルアルコール
        ●消臭剤
        ●除菌剤
        ●香料

        商品の使い方

        【使用方法】
        ※あらかじめ目立たない所でシミができないか確かめる。

        ●レバーの下にあるストッパーをOPENの位置に合わせる。
        ●衣類の汗じみを防ぎたい所に対して約10cm離し、衣類の内側にしっとり濡れる程度にスプレーする。
        (薄手の衣類の場合、15cm四方に約10回スプレーが目安。)
        ●衣類を完全に自然乾燥させてから着用する。
        (スプレー後、約30分で乾く。)
        ●使用後は、ストッパーを元の位置に戻して、立てて保管する。
        ※スプレー回数や乾燥時間は衣類の種類によって異なる。
        ※一度スプレーした所は、洗濯しても効果が残る場合があります。


        【使用できない素材】
        本革、毛皮、人工皮革、絹、和服など


        【使用上の注意】
        ●用途以外に使用しない。
        ●幼児の手の届くところに置かない。
        ●誤飲を防ぐため、置き場所に注意する。
        ●火気の近くで使用しない。
        ●顔の近くでスプレーしない。
        ●吸入したり目に入ったりしないように注意する。
        ●一度に大量の衣類にスプレーしない。
        ●濡れた衣類には使用しない。
        ●汗の量により、汗じみを防ぎきれない場合がある。
        ●汚れた衣類にはシミの原因となるため使用しない。
        ●床や家具、電気製品などについた場合はすぐふき取る。シミになることがある。
        ●火気の近く、直射日光の当たる所や高温になる所では保管しない。
        ●逆さではスプレーできない。


        【応急処置】
        ●目に入った場合は、すぐ流水で充分に洗い流す。
        ●口に入った場合は、水で口の中をよくすすぐ。
        ●皮フについた場合は、石けんを使用してよく洗い流す。
        ●使用中、気分が悪くなった場合は使用を中止し、新鮮な空気の所に移動する。
        ※いずれの場合も異常が残る場合は、本品を持参し医師に相談する。


        【使用回数】
        約25回(両ワキに使用した場合)


        【廃棄の方法】
        中身を使い切ってから、地方自治体の区分に従って捨てる。