<track id="1flhb"></track>

    <delect id="1flhb"></delect>
      <track id="1flhb"></track>
      <sub id="1flhb"><thead id="1flhb"><font id="1flhb"></font></thead></sub>
        <big id="1flhb"><th id="1flhb"><em id="1flhb"></em></th></big><address id="1flhb"></address>

        <pre id="1flhb"></pre>

        ナビゲーションへスキップ

        本文へスキップ

        商品情報

        きもの用防虫剤

        きものしょうのう

        ゆかしい香りで、ずっと大切にしたい着物をせんいのムシから守ります。引き出し4段分。

        希望小売価格 オープン
        内容量 8包
        サイズ(mm)
        パッケージ(幅×高さ×奥行)
        137×176×30
        本体(幅×高さ×奥行)
        -
        JANコード 4902407140166
        きものしょうのう
        • 商品の特長
        • 商品の使い方
        • よくある質問

        商品の特長

        ●「きものしょうのう」は、しょうのうからつくられた防虫剤です。
        長く大切にしたい和服や衣類をムシからまもります。
        ●和紙包装なので、切らずにそのまま使えます。


        【用途】
        ●引き出し、衣装箱、和服収納盆等


        【有効期間】
        ●使用開始後約5~6か月
        温度や使用状態などで有効期間は一定しません。
        夏期は早めにみて補給してください。

        成分

        ●しょうのう

        商品の使い方

        本商品を初めてお使いになる場合は、必ずかげ干しと換気をおこない、前の防虫剤のニオイをとばしてニオイがなくなってからお使いください。

        【大切な和服をしっかり守るために】
        ●えり、袖口、すそ回りなどの汚れやシミをおとしてから収納してください。 
        そのままにしておくと、ムシの被害にあう原因になります。
        ●収納前に1~2時間、かげ干ししてください。
        湿気を含んでいると、カビが生えやすくなります。


        【標準使用量】
        ●衣装箱(35×43×10cm:15L)???1包
        ●和服収納盆(35×90×10cm:30L)???2包
        ●タンスの引き出し(45×90×12cm:50L)???2包


        【ご使用方法】
        ●フィルム袋を破って和紙包装のままお使いください。
        ●標準使用量をきもの、たとう紙に直接触れないようにしてお使いください。


        【保存方法】
        ●密封して温度の低い直射日光の当たらない所に保存してください。


        【使用上の注意】
        ●パッケージに記載されている使用量を守ってご使用ください。
        ●衣類の入れ替えをするときは、部屋の換気を行ってください。
        ●幼児の手のとどく所に置かないでください。
        ●密閉性のある収納容器でご使用ください。
        ●本品は食べられません。
        ●パラジクロルベンゼン又はナフタリンとの併用は避けてください。溶けて衣類にシミを残すことがあります。
        ●和服や帯やたとう紙に本品が直接触れないようにしてお使いください。
        ●塩化ビニル、スチロールなどのプラスチック製品は、本品で変形することがありますので、
        バッグ等の小物類の保管には使用しないでください。
        ●用途以外には使用しないでください。

        商品形状?大きさを教えてください?

        1包みは13cm×6.5cmの8包入です。
        保管状況により分包薬剤の形状が板状の物と粉状の物がありますが、どちらも防虫効果に変わりはありません。

        引き出しにすきまがなく、直接ふれないように置けない時はどのような置き方をすればいいですか?

        しょうのうが直接着物に接触すると、着物にシミ等が残る可能性があります。
        どうしてもすきまがない場合は、たとう紙の上に白無地のタオル?サラシ等を敷いて、その上にしょうのうを置き、着物に直接ふれないようにご使用ください。