<track id="1flhb"></track>

    <delect id="1flhb"></delect>
      <track id="1flhb"></track>
      <sub id="1flhb"><thead id="1flhb"><font id="1flhb"></font></thead></sub>
        <big id="1flhb"><th id="1flhb"><em id="1flhb"></em></th></big><address id="1flhb"></address>

        <pre id="1flhb"></pre>

        ナビゲーションへスキップ

        本文へスキップ

        商品情報

        除湿剤その他

        ドライ&ドライUP ふとん収納用

        吸った湿気をゼリー状に固め、取替え時期をお知らせする湿気とり。収納時のふとんのじめじめとイヤなニオイを消臭します。カビから守る防カビ成分配合。ダニよけ効果付き。天然由来成分の保水剤使用。

        希望小売価格 オープン
        内容量 4シート
        サイズ(mm)
        パッケージ(幅×高さ×奥行)
        160×210×52
        本体(幅×高さ×奥行)
        -
        JANコード 4902407396297
        ドライ&ドライUP ふとん収納用
        • 商品の特長
        • 商品の使い方

        商品の特長

        ●吸った湿気がゼリー状に固まるタイプの除湿剤です。
        ●ふとん収納中に湿気を吸いとり、気になるニオイ※を消臭します。
        (※気になるニオイ=カビ臭?汗臭?体臭)
        ●カビの発育を抑えます。
        ●気になるダニを収納中のふとんに寄せつけにくくします。
        ※屋内塵性ダニを寄せつけにくくする効果を確認しています。
        マダニやイエダニを対象とした製品ではありません。


        【用途】
        収納時のふとんの湿気とり。


        【標準除湿量(水換算)】
        1シートあたり約120g(温度25℃、湿度80%の場合)


        【使用期間】
        1~4か月(同じ使用場所でも季節や湿気の状態で異なる。)
        ※使用開始後1年以内に必ず新しい商品と取り替えること。

        成分

        ●塩化カルシウム
        ●保水剤(天然由来成分)
        ●防カビ?ダニよけ剤(ワサビ由来成分)


        商品の使い方

        【使用方法】
        ●外袋から本品を取り出し、吸湿面(白い面)を上にして、たたんだふとんに1シートずつはさんでください。
        ●薬剤全体がゼリー状になったら新しい『ドライ&ドライUP ふとん収納用』とお取り替えください。
        ※密閉性の高い環境でご使用いただくと、より効果的です。
        ※外袋を開封すると吸湿が始まりますので、一度に全部(ふとん2枚分4シート)お使いください。

        DDU_huton-2.jpg

        【使用基準】
        三つに折りたたんだふとん1枚に2シート
        DDUふとん使用目安


        【使用上の注意】
        ●中の薬剤を取り出さない。
        ●液もれ防止のため、薬剤袋に傷をつけたり、油(皮革用クリームなど)や洗剤などを付着させない。
        液がもれると、ふとんを汚す恐れがある。
        ●圧縮袋には使用しない。強く圧迫されると中身が染み出す恐れがある。
        ●使用中はふとんに乗らない。
        ●お子様やペットがいたずらしないよう注意する。
        ●薬剤を口にした場合は、水で口の中を洗浄し、コップ1~2杯の水を飲ませる。
        皮フについたり、目に入った場合はすぐに多量の水で洗い流す。
        いずれの場合も異常があれば医師に相談する。
        ●薬剤がふとんや衣類、金属に付着した場合は、水でよく洗い流す。
        洗えない場合は、ベトつきがなくなるまで水拭きとカラ拭きをくり返す。
        ●使用場所の湿度によって、一時的に液体がたまったり、薬剤が固まることがあるが、
        効果?品質には問題なく、そのまま使える。
        ●用途以外には使用しない。


        【保存方法】
        本品をすぐに使用しない時は、直射日光を避けて、外袋を開けずに保存する。


        【使用後の処理】
        本品はプラスチックゴミとして地方自治体の区分に従って、中身を出さずにそのまま捨てる。