<track id="1flhb"></track>

    <delect id="1flhb"></delect>
      <track id="1flhb"></track>
      <sub id="1flhb"><thead id="1flhb"><font id="1flhb"></font></thead></sub>
        <big id="1flhb"><th id="1flhb"><em id="1flhb"></em></th></big><address id="1flhb"></address>

        <pre id="1flhb"></pre>

        ナビゲーションへスキップ

        本文へスキップ

        商品情報

        ドライ&ドライUP吸湿繊維シート

        ドライ&ドライUP

        ふとん汗ムレ吸湿シート

        寝汗によるじめじめ湿気とイヤなニオイ※を寝ているそばから吸収!テイジンの高吸湿繊維ベルオアシス?を配合した、吸湿シート。やわらかシートで快適な寝心地。天日干しでくり返し使える。湿気センサー付き。※汗?体臭

        希望小売価格 オープン
        内容量 1シート
        サイズ(mm)
        パッケージ(幅×高さ×奥行)
        180×310×52
        本体(幅×高さ×奥行)
        -
        JANコード 4902407395160
        <p>ドライ&ドライUP</p><p>ふとん汗ムレ吸湿シート</p>
        • 商品の特長
        • 商品の使い方

        商品の特長

        ●寝汗によるじめじめ湿気とイヤなニオイ※を寝ているそばから吸収!
        ふとんやベッドにこもるのを防ぎます。(※汗?体臭)
        ●テイジンの高吸湿繊維ベルオアシス?を配合した吸湿シートです。
        ?高吸湿繊維 ベルオアシス?とは?
        ?湿気をぐんぐん吸い込む!
        ?優れた吸湿性能をもつベルオアシス?は、吸水すると直径が約10倍※に膨らみます!!
        ※シートの見た目は変化(膨張)しません。
        ●発汗量が多い肩からお尻までをカバーできる大きさです。
        ●天日に干してくり返し使えます。
        ●軽量シート採用で楽に天日干しできます。
        ●干すタイミングをお知らせする、湿気センサー付き。

        【用途】
        ●ふとんやベッドなどの寝具の湿気とり?ニオイとり

        【使用期間】
        ●約6か月(同じ使用環境でも季節や湿気の状態で異なります。)
        ※使用期間中でもシートが汚れた場合は、新しい「ドライ&ドライUP ふとん汗ムレ吸湿シート」とお取り替えください。

        【素材】
        ●ポリエステル
        ●レーヨン
        ●合成繊維(ベルオアシス?)

        商品の使い方

        【使用方法】
        ●本品はふとんのシーツ、もしくはベッドパッドの下に敷いて使用します。
        下図のように肩から腰部分に敷いてください。
        ※湿気センサー面を上にして敷いてください。
        ※お子様やご高齢の方が使用する場合は、必要に応じておねしょシーツや介護シーツと併用してください。
        DDU汗ムレ吸湿シート使用方法
        ●湿気センサーの色が水色から白に変わったら、直射日光下で数時間、天日干しをしてください。
        (風通しの良い場所では陰干しでも構いません。)
        湿気センサーの色が水色に戻ったら使えます。
        (使用環境により、色が変わりにくかったり、変わりやすい場合があります。)
        DDU汗ムレ吸湿シート湿気センサー


        【使用上の注意】
        ●洗濯したり、水で濡らさないでください。また、アイロンがけやタンブラー乾燥はしないでください。
        湿気センサーが機能しなくなったり、シートが劣化する場合があります。
        ●お子様がいたずらしないようご注意ください。
        ●開封時に湿気センサーが白になっている場合があります。その場合、一度天日に干してからご使用ください。
        ●用途以外に使用しないでください。


        【保存方法】
        ●天日干しをしてから外袋をテープなどで封をし、高温多湿のところを避けて保管してください。
        再度使用する場合は、天日干しをしてからお使いください。


        【使用後の処理】
        ●ご使用後は地方自治体の区分に従って捨ててください。